こんにちは。上野華です。
少し春が近づいているような気配がする時期になりましたね。
TVではマイナス金利の影響で、今住宅は買いどきなのか???
中古住宅のリノベーションORマンションOR新築住宅どれを選ぶのがお徳なのか?

など、3月からのお引越しシーズンに向けて住宅関連のニュースを欲目にするようになりました。
正直に申しあげますと、TVでの情報は基本的には都心向けです。
メディア情報を鵜呑みにせず、物件選びは自分の住み暮らしたい街の状況から判断して動くことをオススメします

さて、今回の【インテリアカラー】はちょっと落ち着いたカラーの特徴をご覧下さい。
そして選んだメインカラーと設備(キッチン・浴室)とのコントラストについてお話したいと思います
id3-21_img12  id3-21_img13
③チェリー・ラスク
【チェリー】モダンで優雅な雰囲気を演出し、エレガントさを感じさせます。ミディアムブラウンと相性のよい濃いブラウンは、洗練された華やかな高級感を醸し出します。
【ラスク】落ち着いた美しいツヤが心地よさを感じさせ、温かみのある柔らかな空間を演出します。
ホワイトカラーと組み合わせとナチュラルなイメージに!!
img_a004003002001_06

img_a004003002012_01

DSC06705  DSC06348 DSC06717
中新開と角田モデルハウスです☆
ちょっとした工夫でどんどんカスタマイズしちゃいましょう
thumb_combination_20_lthumb_combination_21_l
thumb_combination_19_l        thumb_combination_24
ブラウンの木脚がチェリーの床とマッチするダイニングテーブル、細身の脚部と曲線的なフォルムが特徴のテーブル、ソファーには直線的ですっきりとしたフォルムのものを選部と洗練されたイメージになります。
照明は華やかさを作り出すためにミラーやガラスでデザインされたものを合わせると個性的で洗練さが引き立ちます。チェリーニは、アンティークの家具や古典的なダマスク柄をあしらった濃い色のラグは空間を引き締めます。
ラスクを使ってナチュラルに仕上げる場合には、カントリー調の小物を使うと落ち着きます。

id3-21_img14

img_a004003002010_05 img_a004003002010_04
④ダーク
深みがあるブラウンのウォールナット柄の床などと合わせると、美しい縞模様の木目がリズムを感じさせ「ラグジュアリーモダン」な空気をうみ出します。
堂々とした格調高く高級感に満ちた空間です。建具のデザインや選ぶ家具によって優雅なクラシックなイメージを演出することもできます。
和室とコーディネートするとスタイリッシュに早がわり。まるでホテルのような空間が仕上がります。
img_a004003002001_11 img_a004003002003_01 img_a004003002010_01
thumb_combination_26_lthumb_combination_31_lthumb_combination_33_l
高級感のある空間には、ねじれた脚部と薄い石の天板が特徴のダイニングテーブルや、チェアー。革張りの現代的かつ工業的な家具を組み合わせルトスタイリッシュになります。
ソファーはシンプルながら広々としたシートで重量感のある商品を選び、照明はモダンアートのように斬新なデザインで、シャンデリア系のものを組み合わせ、空間のアクセントとしています。
重量感のあるダイニングテーブルとダイニングチェアを合わせてシャンデリアを取り入れると、クラシックで優雅な空間作りのポイントになります。
和室の空間に、あえてテーブルや椅子の脚部に金属が使われているものを選ぶとスタイリッシュな組み合わせが一段と引き立ちます。
ダウンライトの照明を上手く取り入れると、落ちつたゆとりのある空間に仕上がります。

お客様のお好みを形にするカスタマイズ住宅
わたし流な組み合わせで素敵な空間作りをすることが可能です。

トレンドの傾向としては、「同系」の根強い人気と「ソフトコントラスト」の増加がわかりました。
全体的にコントラストのある組み合わせが減少しています。
そして、ホワイトよりもライト系カラーの支持が高くなっており、グレージュカラーが定番化してきています。低彩度を用いた上質な高級感の演出がトレンドとなっており、コントラストを抑えたライト系カラーのバリエーションを充実させています。
さらに、素材感を強調するために、人の手で加工したようなクラフト感のある仕上げに発展しているのが今の住宅素材となっています

img_a004003001002_01 基本カラー img_a004003001002_02  トレンドカラー

詳細は常にフェイスブックにてお伝えしております
社長のプライベートブログはこちら
FBはこちら
  東大阪不動産情報のオフィシャルサイト→ http://www.c21jyohoukan.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*